必見!優れたクリエイターの条件とは?

強いリーダーシップは不可欠

優れたクリエイターに欠かせない要素のひとつは、リーダーシップです。新しいプロジェクトを立ち上げるとき、「こんなものを作ろう」と周囲に発信し、説得できなければいけません。作りたいものの優れた点をきちんと説明できて、周囲からの意見を取り入れることはあっても流されてしまうことはありません。テクニックだけに優れた人は、何を作ったらいいか全体像を提示する能力に欠ける場合があります。 優れたクリエイターといえども、プロジェクト全体を動かすのは得意ではない場合があります。たとえば、スケジュールの遅れをあまり気にしないとか、宣伝についてのノウハウを持っていないなどです。そのため、組織運営の補佐役は必ず必要であるとされています。

専門的になりすぎない柔軟さもある

クリエイターの多くは、自分が専門とする分野の技術や知識に精通し、勉強も忘れません。一握りの優れたクリエイターになると、自分の専門分野はもちろん、まったく無関係の分野についても関心を持つようにしています。専門分野(自分が好きな分野)に限らず刺激を受けようとしているのです。 これはクリエイターとしての活動の幅を広げるための努力です。しかし本人は個人的な興味として行っており、「仕事のため」とは思っていない場合が多いようです。これは人間関係にもいえることで、いわゆる「仲良しグループ」だけで過ごさないようにしています。所属する組織・業界のなかに人間関係ができているのは当然として、仕事とは無関係の人間関係も持っているのが優れたクリエイターです。